マニラ旅行記 〔3-2/4〕旧市街地めぐり、そして帰国

この日午後の部は、マニラの旧市街であるイントラムロスを中心に市内観光と洒落込んできました。

これまでマカティなど、マニラの現代的な風景はカメラに収めてきたけど、東南アジアらしい活気溢れる市井の様子についてはまだスナップできていない。
そこでこの日は、観光客として目をつけられるリスクを覚悟しつつ、積極的にシャッターを切っていきました。

f:id:supremecourt:20180421212515j:plain

時間は前後しますが、こちらはケソン(Quezon)市Katipunan駅近くの朝の通勤風景。
歩道が不完全にしか整備されていないので人が溢れかえっています。車道はというと、大量のバイクに、ひっきりなしに走り去ってゆくジプニー。

時刻は7時半頃。マニラの交通網の貧弱さは通勤ラッシュの時間帯にもなると本当に深刻で、始発から2駅目だったからまだ何とか乗れたものの、これでもう車内はギュウギュウ詰め、途中駅からの乗車は困難を極めます。道路も酷くて、聞くところによると通常30分で行けるところが朝晩だと2,3時間かかるのが常だとか。
とりあえず電車の運行頻度をもっと詰めておくれ!こんだけ混んでて7,8分来ないのはおかしいよ!

閑話休題。スラム・ツアーに参加した後の話に戻ります。

f:id:supremecourt:20180421212558j:plain
とりあえず腹ごしらえしないとな…ということで、今日の昼食はJolibee初挑戦!
Jolibeeっていうのは、フィリピンでもっともポピュラーなファストフード店です。ほんとにどこにでもあって、初日から散々見かけてたので、これは一度は入っておくべきだと。
チキン、ジューシで美味い!某KFCより好みかもしれません。
スパゲッティはフィリピン料理の例によってソースが甘いと聞いてたけど、思ってたより甘すぎなくて食べやすい。これは癖になりそうだ。

f:id:supremecourt:20180421212628j:plain
さて、このあたりはイントラムロス(Intramuros)と呼ばれていて、スペイン統治時代に端を発する歴史ある地区。マニラ随一の観光スポットでもあります。

まずは北端のサンチャゴ要塞(Fort Santiago)に来てみました。

f:id:supremecourt:20180421212347j:plain
往時のスペインの国章らしきものが目を惹きます。
正確には15世紀末にハプスブルク朝スペインが成立する前の、カスティリアレオン王国の国章と模様が一致しているようにみえます。

このサンチャゴ要塞はもともとスペインの築いた要塞ですが、その後のマニラ史においても度々登場する重要なスポットであったようで。
そう、とかく先の大戦が付きまとってきます。

f:id:supremecourt:20180421212709j:plain
要塞はマニラ市街戦(1945年)の舞台にもなりました。
第二次世界大戦を通して、日本兵の手によってここで殺されたフィリピン人捕虜は600人という。そう記した石碑が立っています。
日本人であることの誇りって、果たして何なのだろうか…。

f:id:supremecourt:20180421212824j:plain
続いて、堂々たる威風を放つマニラ大聖堂(Cathedral of Manila)へ。そうそう、フィリピン人は大半がクリスチャンです。
「観光馬車に乗らないか?」との勧誘が、それこそ大学の新歓イベント並みのしつこさで次々と迫ってきますが、その網をくぐり抜けてそそくさと中へ。おちおち外観を観察するのもままならねえ。

中の展示スペースでは聖堂の回顧録のようなものをやっていましたが、今の建物は6代目なんだそう。

f:id:supremecourt:20180421213954j:plain

建築好きとして面白いのは、再建される度に様式が変わっていること。1747年に建てられたものは二本ごとに並んだ付け柱が特徴的で、今のものより平面的なファサードだったり。現在のものと比べるとまるで印象が違います。

f:id:supremecourt:20180421215414j:plain
マニラ旧市街にはもう一つ著名な教会があります。こちらはSan Agustin Church。
St.Augustineという聖人にちなむ教会だそうで、へえ、誰やねん、なんて思いながら見学していたのですが、今更気づく、アウグスティヌスのことだったんですね。

外はすぐ駐車場でごちゃごちゃしているのが少し残念ですが、内部はなかなか見ごたえがあります。

f:id:supremecourt:20180421220612j:plain

天井に圧倒されるよね。ただし、凸凹してるように見えるところ、よーく観察してみると、あれ、平面に影をつけて描いてあるだけ…!?へぇ…!

f:id:supremecourt:20180421221032j:plain

博物館も兼ねていて、地味な展示もあるけれど、ちょこちょこ面白いです。
讃美歌の楽譜はこんなにでかい。

f:id:supremecourt:20180421221155j:plain
どこの宗教にもありがちですが、布教の困難を描いた絵画が掛けられていたり。
日本っぽいけど、なんか微妙な違和感がある…。

f:id:supremecourt:20180421221355j:plain

イントラムロスを南に歩いていきます。

お次に目指すはフィリピン国立博物館…だけど、これが容易には辿りつけない。すぐそこに建物が見えてきても、そこを隔てるは自動車がひしめく4,5車線の道路。行けども行けども横断歩道がない…!

f:id:supremecourt:20180421221711j:plain

奥に見えるのはマニラ市役所。一向に渡れそうな場所は現れず、だんだんと離れてきている…。

f:id:supremecourt:20180421222139j:plain

ようやく辿りついたリサール公園。声をかけてくる人もおらず、至ってほのぼの。

ここではフィリピン国立博物館が3棟に分かれて位置していて、このうち人類学博物館に入ってみました。個人的な関心分野とはややズレてるので、あまり印象には残っていないのが正直なところではある。

f:id:supremecourt:20180421223041j:plain

公園の目の前を駆けるLRT1号線。リサール公園及び国立博物館へは、こいつに乗ってくるのがいちばん分かりやすいと思われます。

さてさて、まだ時間はちょっと早いけど、日没以降を過ごすことを見越して、ショッピングモールにでも引っ込もうかな…。

f:id:supremecourt:20180421223606j:plain
場所はどこだったか、駅から見下ろせば、マニラ繁華街のこんな風景。

f:id:supremecourt:20180421224008j:plain

ここははっきり覚えています。LRT1号線のDoroteo Jose駅と2号線Recto駅を結ぶ連絡橋、その脇に立ち並ぶスラム街。
現地の人たちにとってみたら、外国人に撮られてあまり気持ちのいいものではないかもしれないけれど、それでも。

翌14日、早朝の飛行機で帰国。ここまでノートラブルで来て、最後の最後で荷物検査時、空港職員に1000ペソ札を抜き取られるというオチはあったけれど、それもまたご愛敬かなと思えるぐらい刺激的で得るものの多い滞在でした。純粋に楽しかったという意味でも、いくつもの課題をもらったという意味でも。

また飽き足らず海外に行こうと思います!