能勢電で妙見山に参る

2月11日、いよいよ関西を離れる日も近づいてきました。
今日は能勢電鉄沿線を乗り歩きします。

f:id:supremecourt:20180503162515j:plain
能勢電鉄、通称"のせでん"が起点とするのは、阪急電鉄宝塚線川西能勢口駅
阪急とはきわめて濃密な関係にあり、かつて阪急線で使用されていたマルーン色の電車を譲り受けて走らせたりしています。

でも、住宅地を急勾配で登って行ったり、山あいを橋梁とトンネルを交えて抜けたりと、阪急らしからぬ風景の中を駆けていくのはどこか新鮮。

f:id:supremecourt:20180503163526j:plain

妙見線の終点、妙見口駅に到着。
味わいのある駅舎に丸型ポストが映える。

ここから、妙見山という山の上にある日蓮宗霊場能勢妙見堂を目指していきます。
能勢電そのものも、元々はこの妙見山への参拝客輸送を目的として建設されたものでした。

まずは山のふもとまで、20分ほど徒歩!
ほんとは無料送迎バスがあるんだけど、写真を撮ってたら乗り過ごしちゃったからね。

でも、いにしえの参拝客の足跡を辿るなら、わざと歩いてみるのもいいかもしれません。辺りに広がるのは里山の風景。なかなか気持ちのよいものです。

f:id:supremecourt:20180503164141j:plain
しばらく行くと、道端に「是ヨリ 御山二十二丁」の石碑。
一町は約100mなので、ここから妙見山頂までは約2kmというところか。

ちなみに、写真を拡大してもらうと分かりますが、石碑にピントを合わせたつもりが、微妙にずれています。鍛錬が足りない!

f:id:supremecourt:20180503164704j:plain

幹線道路の歩道を進むと、鳥居を構え、山を登っていく小道が分岐していたり。
明治以前の参詣の様子を偲ばせる風景が随所に残っているのが、この妙見山山麓の面白いところかも。

f:id:supremecourt:20180503170612j:plain
僕は現代人なので、ケーブルカーの乗り場へ。
一直線に延びる軌道が露わになっています。

ちなみに、この妙見の森ケーブル、本来は冬季運休なのですが、今日2月11日は妙見山で行事があるため、特別に運行されています。
というか、ケーブルカーが動いてるこの日を狙って来たというのが正しいんだけど。


f:id:supremecourt:20180503170836j:plain
5分ほどで山上駅に到着。

少し歩いて広場に辿りつくと、眺望が開け、能勢の山々を眺めることができます。
しかし山頂はまだ先!

f:id:supremecourt:20180503171301j:plain
今度はリフトに乗り換え。
…めっちゃ遅い。これなら下の空間を歩いた方が絶対早い。

ぼーっと揺られていると、雪が舞い、あたりは次第に銀世界へと変貌していく。
寒い。

f:id:supremecourt:20180503171729j:plain

やっとのこと、能勢妙見堂の境内へ。
既に行事は終わっており、帰りを急ぐ人たちとすれ違いながら歩を進んでいきました。

f:id:supremecourt:20180503171921j:plain

f:id:supremecourt:20180503172026j:plain

いやー…
いくら2月とはいえ、これが大阪府内の風景だとは恐れいります(笑
不思議な経験をした。

一通り参拝を終えたら、今きた道を引き返す。
すると帰りのケーブルカー乗り場、参拝客のみならず登山帰りのハイカーたちも入り混じって長蛇の列。しかしこの運動靴で雪山を下るのも危ないから、辛抱強く待つしかない。おまけに帰りの切符を失くすし。
結局、30分ぐらい待った気がします。まあ仕方ない。

ふたたび妙見口駅に戻った後は、まずは能勢電撮影タイムと洒落こむことに。
そのまま川西能勢口方面に線路沿いを歩いてみる。

f:id:supremecourt:20180503172611j:plain
ちょうど昭和期の復刻塗装車両が、山下・妙見口駅間の折り返し運用に入っており、撮影の機会に恵まれました。あんまり大した写真は撮れず仕舞いだけど…。
昔は阪急カラーじゃなかったんですね。

f:id:supremecourt:20180503172856j:plain
ときわ台駅にて。
やや古めかしい印象を受けるこちらの車両は、1980年代まで阪急線内で走っていた車両を譲り受けたもの。一昔前の阪急電車の雰囲気を知ることができるのも、能勢電の醍醐味の一つかもしれません。

f:id:supremecourt:20180503173544j:plain
ここまで来たらついでなので、能勢電のもう一つの終着駅、日生中央駅にも来てみました。
ニュータウンの中心に位置する駅で、神戸市営地下鉄西神中央駅なんかを想起させる風情です。朝夕は梅田まで直通特急も出ているので、安くて広い家に住みたいファミリー層なんかにはオススメかも?

f:id:supremecourt:20180503173827j:plain

もう一押し、畦野駅でも撮影!
ヘッドマークがなんか怖いんだけど。

f:id:supremecourt:20180503174122j:plain

こういう絵が撮れるのも、能勢電ならではって感じがします。

以上、3か月近く前のことなのでシンプルにまとめてみました。能勢電の旅でした。


☆5月3日にUPしました。