名古屋の見どころ再発見! その②~覚王山の「別荘」探訪

見どころ再発見企画、第二弾でございます。

今回訪ねたのは、名古屋駅から地下鉄東山線で10分少々、名古屋市内の住みたい街ランキングで第1位を飾ったこともあるという高級住宅地「王山(かくおうざん)」界隈です。

なるほど、名古屋で住むならどこ?と言われて「覚王山」、これはアリかもしれない。都心の喧噪から一歩引いた所にある丘陵地が、リッチな方々に人気だというのは首都圏でも関西でも一緒だよね。お金持ちは低い土地には住まない。

でも、名古屋で観光するならどこ?と問われたら、まず覚王山なんて出てこない。
一応目星はつけてるとはいえ、大丈夫なのか?果たして記事が成立するのかっ…!?と一抹の不安を抱きつつ駅に降り立つ。

 

f:id:supremecourt:20170812203949j:plain

覚王山駅から「日泰寺(にったいじ)」に続く参道。

カクオウザンって響き、格好いいよね。
まさにこの地名の由来が、日泰寺にあるのです。そう、このお寺の正式名称は「覚王山日泰寺」。この地がまだ森林と田畑で覆われていた1904年に創建されて、その門前町として一帯が発展してきた訳ですから、日泰寺抜きに覚王山は語れないということ。

そんなことで、歴史の重みをまだ微かに残す街並みを抜けて歩いていきます。

f:id:supremecourt:20170812225038j:plain

そんな由緒ある日泰寺ですが、境内は案外さっぱりしています。
門の向こうに駐車場があるのは名古屋仕様ということで…。

 

f:id:supremecourt:20170812225253j:plain

数珠を鼻にぶら下げたゾウさん。
カンの良い方はお察しでしょうが、日泰寺の「泰」はタイ王国を指しています。
実はここ、タイから贈られた舎利(釈迦の遺骨)を安置するためのお寺として始まっているんですねー。
それ故、日本で唯一の宗派に属さないお寺だったりもします。

 

話題が変わります。

名古屋というのはお察しの通り内輪でガーガーやるのが好きな土地柄でございまして、それは経済界にしても同じ話。

僕自身は書物を通してしか聞いたことはないのですが、かつて名古屋財界における有力企業トップ5を表す言葉として「名古屋五摂家」というものがあったそうです。すなわち、名古屋鉄道東海銀行中部電力東邦ガス松坂屋

名古屋鉄道。中京圏における唯一の大手私鉄名鉄」のことです。今でこそJR東海に水をあけられている感がありますが、この地方における名鉄の根の張り方を考えるとまだまだです。名鉄バス名鉄百貨店名鉄協商パーキング、名鉄運輸名鉄病院、そして明治村やリトルワールドも名鉄資本…

東海銀行。今は銀行再編により三菱東京UFJ銀行となってしまいました。名古屋に赤い銀行が多いのはそのせいです。

中部電力東邦ガスは、言うまでもなく電気・ガスの二大インフラですね。

そして、松坂屋。最近は高島屋にやられている感が拭えませんが、それでも名古屋では代表的な百貨店です。関西の方向けには、大丸と合併したところと言えば分かりやすいかな。

さて、本日のメインです。
さきほど紹介した日泰寺の、そのすぐ脇のところに、「揚輝荘」という別荘があります。
実はこの別荘、名古屋財界の一角を支えてきた松坂屋、その初代社長である伊藤次郎左衛門祐民が築いたものなのです。ここから、そんなチャチなものじゃあ断じてねえ…ということを推測していただけるのではないかと思います。

 

f:id:supremecourt:20170812233630j:plain

大正から昭和期にかけて順次築かれた揚輝荘、その広さは約1万坪に達したそうですが、戦災による被害や付近の住宅開発を経て縮小され、今は北園と南園に分断されています。

まずは北園からご紹介致しましょう。

 

f:id:supremecourt:20170812230537j:plain

和洋折衷、尾張徳川家の屋敷から移設した和室に新設計の洋室をドッキングさせた「伴華楼」にご対面。

 

f:id:supremecourt:20170812235453j:plain

f:id:supremecourt:20170812235613j:plain

これね、建築好きにはたまらないと思いますよ。このハイカラさ。
なんとも可愛らしくて、それでいて和の雰囲気と上手く接合された落ち着きがあって。素晴らしい意匠だと思います。

基本内部の見学はできないのですが、週2回見学ツアーがあるようなので、ぜひ事前に応募していくことをオススメします。

 

f:id:supremecourt:20170813000025j:plain

続いて、信長塀をくぐって…
瓦が埋め込まれている辺り、遊び心が溢れています。

 

f:id:supremecourt:20170813000223j:plain

突如、お稲荷さんが現れるのが日本らしいところ。

 

f:id:supremecourt:20170813000305j:plain

茶室と池。
池泉回遊式の庭園です。庭自体はちょっと荒れ気味かな…?

 

f:id:supremecourt:20170813000445j:plain

真夏ゆえか、ほとんどの花が盛りを過ぎていましたが、この変わった形の花はまだ堂々と咲いていました。鷺に似ているため「サギソウ」と言うそうです。

 

現存する敷地自体は北園の方が広いのですが、伴華楼の見学をしなければ、わりとあっという間に回れてしまうレベルではあります。
それに対して、ぜひとも時間を割いてじっくり見てほしいのが、南園にあるこの建物。

 

f:id:supremecourt:20170813000912j:plain

「聴松閣」。もう外観からしてオシャレです。上高地の帝国ホテルをヒントとした、山荘風のつくりだと言います。
名古屋を来訪した皇族や政治家、実業家などを迎えるための迎賓館としての役割も兼ね、1937年に完成したそうです。なお、現在見ることのできる建物は、数年前に復元・修復されたものです。

この建物の何が凄いかって、迎賓館としての役割も果たしていたこともあって、とにかく贅が尽くされていること。松坂屋の初代社長、祐民さんのセンスが爆発します。

 

f:id:supremecourt:20170813001917j:plain

書斎。当時としては珍しいプラスチック製のタイルが、市松模様を形作る。

 

f:id:supremecourt:20170813002104j:plain

応接室にはひとつひとつ、それぞれ違った趣向がこらされた暖炉が据え付けられています。
この暖炉には、兵庫県高砂産の竜山石が用いられているんだとか。

 

f:id:supremecourt:20170813002253j:plain

天井にこだわり。中国趣味の応接室では、儒学なのか陰陽道なのか何となくなのか分からないけれど、方形をベースとしたデザイン。

 

f:id:supremecourt:20170813002553j:plain

床にもこだわり。各部屋ごとに床板の形が違います。
凝ってるなあ…とその都度つぶやかざるを得ない。

 

f:id:supremecourt:20170813002657j:plain

食堂。いまは喫茶店「べんがら」として使われています。
戦前から続く軽井沢の高級ホテルとか、こんなイメージだ…。

 

圧巻なのは地下。

 

 

f:id:supremecourt:20170813003004j:plain

舞踏場。エキゾチックな世界が広がります。
なんでも、インドを旅して感銘を受けた祐民さんが、わざわざ設計を変更してこんな風に作らせたのだそうです。

 

f:id:supremecourt:20170813003305j:plain
だから、地上から光を取り入れるための窓に描かれているのは、アルプスの山並み。

 

f:id:supremecourt:20170813003418j:plain

黙想をするための小部屋まで。
インドというより最早イスラムの風情が漂ってきます。

 

f:id:supremecourt:20170813002845j:plain

しっかし、石窟寺院の壁画をこの地に再現してしまうのは、いくら何でも大胆すぎると思うぞ…!

 

インド趣味にばかり見とれていてはいけません。
地下には、この建物がいかに重要視されていたのかを示すものがもう一つ。

f:id:supremecourt:20170813003809j:plain

地下トンネル。庭園内の2ヶ所につながっていたそうです。
単なる移動用なのか、緊急時の脱出用なのか、そこのところは不明だそうな。

でも、汪兆銘の隠れ家だった!という説が、我々の心を掻き立てるのは間違いありません。

汪兆銘日中戦争中、中国における日本の傀儡政権のトップを勤めた人物。1944年に病気の治療のため来日。

 

揚輝荘、いかがだったでしょうか。正直、僕もびっくりでした。こんなものが名古屋にあるなんて…!
ちょいとマジメ系のスポットなのは拭えませんが(そりゃ僕が紹介してるんだから仕方なし)、少しでも文化や歴史の方面に関心のある方なら、ささやかな庭園ながらも、きっと楽しんでもらえると思います。御来訪の際は、ぜひガイドツアーをご利用ください。

あと、名古屋市さんよお、こんな良いもの持ってるんだから、もう少し積極的に観光施策に活用してくれよう…!