自己統治―権力行使についての覚え書き

 強くなりたい。そう願うとき、もしかしたら暗に目標にあるのは、近代のリベラル・デモクラシーが要求するような、「自律した人間」像かもしれない。すなわち、「自己統治」が機能した人間像である。

 ところが、そのような強靭な主体を目指すことは、同時に他者に対する尊重を損なう事態を伴いかねないようにも思われる。それは実感としてのみならず、次に引くように、思想家によっても政治哲学の文脈において言及されるところである。

フーコーによれば)主体の倫理は「自己の統治」であり、「私」にとっては他者を統治する技法の開発場所である。主体の倫理はいつでも「統治性」に、したがって権力に転用可能である。[…]主体の倫理は、あるいは主体の倫理こそが、権力の母胎である。
市田良彦『革命論』189頁)

プラトンの支配は、その正統性を自己の支配に求めており、したがって、その指導原理を私と私自身の間に樹立された関係から引き出している[…]そしてこの指導原理が、同時に、他人にたいする権力をも正当化し、限定づけているのである。[…]つまり、人は自分自身を支配する程度に他人を支配するのである。(H.アーレント『人間の条件』372-373頁)

 自己への支配は、他者への支配と同義たりうる。市井の言葉で理解するならば、「自分に厳しい人間は他人にも厳しい」というテーゼがこの事態を率直に表しているだろうか。もしくはこの事態をもっと大胆に敷衍してしまえば、「俺はこう生きたい」という「自己統治」に端を発する行動が、時に他者の自立と尊厳を踏みにじる「自己中」へと転化してしまう事態として捉えることができるかもしれない。

 解決策はあるのだろうか。それは、アーレントの議論に即して言えば、(彼女は「活動action」のもたらす不可逆性と不可予言性を救済する材料としてこれを持ち出しているが)「他人の存在に基礎」を置いて成立し得る「約束」と「許し」であるのかもしれない。
 そうか、許してもらうしかないのか――。

故郷への「道草」

 故郷。その言葉は貴方にとってどんな感興を催すだろうか。
 おそらくそれは「うさぎ追いし」と文部省唱歌に歌われるような、単なる郷愁や懐古というような、単純で一面的なものではないはずだ。

 夏目漱石『道草』は、「遠い所」から故郷東京に帰ってきた健三を主人公としている。漱石自身が主人公のモデルとなっていることを考慮すると、ロンドン留学や松山という地方都市での生活を経て、30代に半ばにして生誕の地東京に戻ってきた、そんな状況を想定するとよりイメージしやすいだろうか。
 この作品で一つの中核をなしているのが、主人公の姉や兄といった親類、加えて幼少期に世話をしてもらっていた養父島田との付き合いである。健三は、東京に戻ることにより、かつて自分が属していた故郷という「世界」に再び足を踏み入れた。
 そんな健三にとって、親類たちが作り出す故郷の「世界」は、決して懐かしさ一辺倒で括れるほど小奇麗なものではなかった。

 昔しこの世界に人となった彼は、その後自然の力でこの世界から独り脱け出してしまった。そうして脱け出したまま永く東京の地を踏まなかった。彼は今再びその中へ後戻りをして、久し振に過去の臭を嗅いだ。それは彼に取って、三分の一の懐かしさと、三分のニの厭らしさとを齎す混合物であった。
 彼は又その世界とはまるで関係のない方角を眺めた。すると其所には時々彼の前を横切る若い血と輝いた目を有った青年がいた。彼はその人々の笑いに耳を傾むけた。未来の希望を打ち出す鐘のように朗かなその響が、健三の暗い心を踊らした。
夏目漱石『道草』新潮文庫版、81頁)

 縁を切ったはずの養父島田から金をせびられるという厄介事に直面する健三とは違って、さして親類トラブルもない自分自身としては、故郷の「臭」が、「三分のニの厭らしさ」によって構成されていると言うつもりはない。それでも、この描写は、「故郷」のもつ二面性を的確に言い当てているように思えるのである。
 懐かしいけど、それは牧歌的な、ぬくぬくとした小世界ではない。そこは明確に「過去」であって、素直に割り切れない何かを引きずっている。それは、健三が東京で新たに得た職場(=青年たちが集う学校)という「今」との対比によってより際立つことになる。青年たちの放つ、未来への希望と輝き。それは健三自身の心を踊らせてくれる光でもある。

 故郷は懐かしい。けれどもそこは「過去」であり、それなりの厄介さを抱えてまとわりつく。そうはいっても、やはり自らのルーツとは切り離せない。健三は時折、幼少期の甘美な記憶を否応なしに呼び起こす。それでもそれは、「今」とは峻別されていなければならない。過去から離れたところで、やるべきことがある。
 そう思ってしまうのは、若さゆえなのだろうか?

「希望」と「立憲民主」の新人議員の割合をみてみると

衆議院選挙、結果が出ましたね。
選挙オタク的な観点からいえば、2012年以降の選挙はただただ自民党が勝ち続けるばかりで、どうも面白味が無かったのですが、今回は久しぶりに面白い選挙でした。言うまでもなく、民進党が実質上分裂してくれたからです。

前原さんが希望の党への合流宣言をした時には、民進党内のリベラル左派の新党立ち上げもあるか…?ぐらいの予想はしていましたが、まさかその勢力が野党第一党にまで躍進するとは思いもせず。
対して、一時は「小池首相誕生か…!?」とまで持てはやされた希望の党は、現有議席割れという敗北に終わりました。

この立憲民主党希望の党という、新しいけれども今後野党の中心を担うであろう2つの政党、一体どんな人たちが構成している政党なのでしょうか。人によっては、希望の党は「小池さん中心の新しい雰囲気の政党」、立憲民主党は「旧民主党のベテランが集った政党」なんてイメージがあるかもしれません。

f:id:supremecourt:20171023231742p:plain

でも、当選者一覧を眺めていると、むしろ希望の党の方が旧態依然としている感が拭えないことに気付きます。この2党の当選者の内訳(元職/前職/新人)をまとめてみました(図)。

注目なのは新人議員(初当選議員)の割合。立憲民主党は新人が40%を占めているのに対して、希望の党はたった18%しかいません。設立経緯からして、立憲民主党が今後早々に瓦解するということはひとまずなさそうなので、今後リベラル左派勢力の中心を担うことになる国会議員が輩出されていくのではという期待も持てます。

対照的に心配なのが希望の党。小池色が強い政党ですが、その内訳をみると新人議員は少なく、やはり民進出身の前職議員が存在感を放っています。しかも無所属で当選した民進出身の篠原議員によれば「希望の党に泣く泣く行っている人が大勢いる」んだそう。小池さんはしばらく国政には出てこないだろうし、首班指名候補も未だに決まっていないし、なんだか政党としての自律性が感じられないというのが正直な感想です。個人的に好きな議員さんはいるんだけどな。

以上、ただ二つの政党の当選議員の内訳をまとめてみただけの記事でした。

南海電車で行く泉州の旅 (後編)大阪・和歌山県境を歩いて越える

岬町役場から西へと向かうバス…
ときどきメインルートから外れ、集落や公民館を経由していきます。乗客は僕含めて4人にまで増えました。

f:id:supremecourt:20171109235941j:plain

終点の一つ手前のバス停、「とっとパーク小島」で下車。
道の駅と聞いていましたが…ほとんど海釣り公園ですね。

続きを読む

南海電車で行く泉州の旅 (前編)大阪の果てを目指して

神戸に拠点を移しました。
とはいっても、滞在するのはあと半年間弱。関西に未練を残さないようにしないと…!

10月9日は秋晴れの祝日。南海電車で旅に出る。
新今宮から南海本線で一路南へ…

f:id:supremecourt:20171020000338j:plain

貝塚駅まで来ました。
ここで水間鉄道に乗り換えます。

続きを読む

DD51の貨物列車を撮影してみる

基本的に暇だし、図書館は閉館日だし、
たまには、「撮り鉄」もやってみる。

お目当ては国鉄時代に製造されたディーゼル機関車DD51です。
かつては日本中あちこちで姿がみられたそうですが、今では定期運用が残るのはわずかにJR関西本線(名古屋口)のみ。
これは名古屋にいるうちに撮るっきゃない!

続きを読む

東濃で木曽川を辿る旅―苗木城と恵那峡と(後編)

木曽川のほとり、苗木城の大手門まで下山してきました。

ここからは中津川駅まで平坦な道を歩いていきます。
森のきわに敷かれた道を、川の音に沿って歩く。

f:id:supremecourt:20170912214804j:plain

おや、この橋脚は…
これも北恵那鉄道廃線跡に違いない…!

北恵那鉄道は中津川駅と、中津川の市街からみて北部に位置する付知町(現在は中津川市と合併)を結んでいた鉄道です。1978年に廃止されています。

続きを読む